東日本大震災とマンション契約 - さっさんのふんばる子育て記

カテゴリーで絞り込む

スポンサーリンク

闘病記

東日本大震災とマンション契約

更新日:
投稿日:

0

 

2011年3月。

東日本大震災があった月。

私達夫婦は新居を構えました。

 

マンションの契約予定日は2011年3月12日。
震災があった次の日でした。

 

また入籍も結婚式もしていないのに。
気持ちがガンガン先行して、マンション購入までしてしまいました。

 

思えば妻の行動力というか、私の背中を押す力はとんでもないパワーを持ってました。

 

同棲するって言ってないのに
家に荷物が沢山あるし。
まだプロポーズもしていないのに
仕事も辞めちゃったし。
入籍もしてないのにマンションも買ったし。

いつも順番が逆だったね。

 

子供は順番を守ったけど。

何歳で産む!
と決めた通りに。
そして性別までちゃんと産み分けて。

彼女の思った事を実現する力のおかげで、
私もここまでの土台を築けたと思います。

 

でもマンション契約の日はさすがに迷いました。

何しろ前日にあれだけの地震があった訳ですから。

マンションの価値が下がるとか、崩壊のリスクが高まった、とか色々な情報も飛び交って。

契約を破棄する事も考えました。

 

 

悩みましたが。

このマンションは妻の直感で。
間違いなく良いと判断した場所でした。

 

何箇所もマンションの下見に行っては、納得がいかないといいますか、妻の腑に落ちない顔を見ながら、すごすごと帰ったものです。

 

でもこの場所に下見に行った時は、妻の様子が全然違いました。

マンションすら見ずに、付近に来ただけで。

「あ、私ここに住むわ。」

と言って即決した場所です。

 

そんな奇跡的な場所にまた出会える自信も無く。

営業マンも

「全面的に点検しましたが、大丈夫です!」
と、太鼓判を押していたのもあり。

覚悟を決めてハンコを押しました。

 

結果的には何の問題も無く。
この場所で良かったです

 

でも願わくば。。
ずっとこの場所で妻と過ごしたかった。

 

綺麗に整備された河川敷が近くにあったから。

おじいちゃんおばあちゃんになっても。

一緒に手を繋いでずっとお散歩が出来たらなぁと。思っていました。

 

 

何でも実現してきた君だから。
もう人生に満足しちゃったのかな?

早すぎるよ。。

 

前の闘病記:幼稚園の入園式
次の闘病記:治療に陰りが見え始める

0

-闘病記

Copyright© さっさんのふんばる子育て記 , 2019 All Rights Reserved.