治療に陰りが見え始める - さっさんのふんばる子育て記

カテゴリーで絞り込む

スポンサーリンク

闘病記

治療に陰りが見え始める

更新日:
投稿日:

1+

 

2017年4月12日。

翌日から9回目の抗がん剤治療が始まる日。

娘の幼稚園の入園式を優先させたため、今回は3週間ぶりの抗がん剤治療となる。

 

いつも必ず前日に病院で診察を受け、前回の治療ではどんな副作用が出たか、それはどれ程の強さだったか。副作用の状況の報告をする。

そして、翌日からの抗がん剤治療が開始できるかを判断するための血液検査はかかさない。

主に白血球の値を確認するためだ。

この白血球の値が非常に低い値、例えば1500以下になると骨髄抑制の副作用が強く出ており、抗がん剤治療が行えない。

感染症のリスクが高まるからだ。

 

そして月に1回だけ血液検査の一環として腫瘍マーカーの検査を行う。

CT検査は3ヶ月に1回だから。なかなかタイムラグがある。

今の諸々の治療効果をリアルタイムで判断するための材料は、この腫瘍マーカーしかなかった。

 

そしてこの日は。
4月の腫瘍マーカーの検査をする日だった。

今までの腫瘍マーカーの数値。
◼︎腫瘍マーカー記録
2016年11月9日
CEA 3438.4 CA19-9 21000
2016年12月8日
CEA 2698.1 CA19-9 15000
2017年1月4日
CEA 7442.8 CA19-9 33000
2017年2月9日
CEA 1528.1 CA19-9 6928.0
2017年3月9日
CEA 844.0 CA19-9 4168.0

1月に検査した時、
「腫瘍がぶっ壊れたから」

という主治医の説明があった異常値をのぞけば。順調に右肩下がり。

 

スポンサーリンク

 

このままのペースが続いてくれれば。
奇跡が起こるかもしれない。

 

新しい治療法ハイパーサーミアも始めた。

まだまだこれからどんどん良くなっていくに違いない。と思っていた。

そして今回の数値。
2017年4月12日
CEA 812.4 CA19-9 6810.6

 

CEAはほぼ横ばいだが、CA19-9は1.5倍以上増えている。

これが何を意味するのか。

数値が悪化した理由として。
主治医いわく。

「ハイパーサーミアを始めたから、また腫瘍がぶっ壊れたのかも。」

またそれですか。。

確かに壊死した癌細胞が血中に多く流れ込んだ時に、腫瘍マーカーが上がると聞いた事はあるが。。

 

少し嫌な予感がした。
また本当に治療の効果が影響したのか。

 

妻が胸が苦しいと最近言い出してきている。
痛い時もあるという。

何かが起きている。

 

 

そしてこれから先の話。
腫瘍マーカーの値が改善する事は無かった。。

 

これが。
少しずつ見えてきた治療の陰り。

下り坂を転がり落ちる感覚を覚えるのはまだ先だったけど。

吹いていた追い風が止んだ。
風と同じ向きに歩いてきたけど。
次はどこに歩けばいい?

 

分からなくなった。

そんな思いだった。

 

前の闘病記:東日本大震災とマンション契約
次の闘病記:ハイパーと抗がん剤のW攻撃。

1+

-闘病記

Copyright© さっさんのふんばる子育て記 , 2019 All Rights Reserved.