過去の追憶 11 左胸のしこり。乳転移の火種。 - さっさんのふんばる子育て記

カテゴリーで絞り込む

スポンサーリンク

闘病記

過去の追憶 11 左胸のしこり。乳転移の火種。

更新日:
投稿日:

4+

 

2016年11月14日

 

J大学医院を受診。

即日入院となった。

 

病室に入る前に様々な検査をした。

検査の一つに胸部レントゲンがあった。

 

前から気になっていたのが、左胸に存在していたシコリ。

2センチくらい。

コロコロと転がって痛みはない。

 

何しろ生後3カ月の赤ちゃんがいる。

授乳期であるが、しばらくオッパイをあげてなかったせいか、乳腺のつまりみたいなもの?
と思っていた。

 

レントゲン検査の結果。

形も綺麗な丸だし、良性の嚢胞ではないかとの事だった。シコリも放っておけばいずれ消えるでしょうと。

 

さすがにこの時は疑わなかった。

 

大腸がんからの乳転移はまずあり得ないケース、という事はネットでの調べでも分かっていたし、重複癌なんて尚更そんな不運は重なるはずがないと思った。

 

現にこの数ヶ月後に、シコリが小さくならないのを気にして2回ほどマンモグラフィーを受けるが、いずれも良性の繊維腺腫と診断を受けている。

 

 

その時はそうだったかもしれない。

 

だが、このシコリは最終的にいびつに膨らみ、痛みを伴い、転移癌となる。

 

大腸がんからの乳転移。

主治医の先生も始めてのケースと言っていた。

 

この話はだいぶ先にPET-CTを行なった時の追憶の時に詳しく書きたいと思う。

 

入院初日。

とにかくこの時は、敵が増えなくて良かったと安堵したのだった。

 

 

広々とした個室。
居心地はまずまずだった。

 

前の記事:
過去の追憶 10 J大受診。妻を叱る。
次の記事:
過去の追憶 12 病室と家がSkypeで繋がる!

4+

-闘病記

Copyright© さっさんのふんばる子育て記 , 2019 All Rights Reserved.