40歳の誕生日。娘からのプレゼントは果たして!? - さっさんのふんばる子育て記

カテゴリーで絞り込む

スポンサーリンク

子育て記

40歳の誕生日。娘からのプレゼントは果たして!?

更新日:
投稿日:

40+

 

10月25日は私の40歳の誕生日でした!

 

当日は木曜日。

在宅勤務の日なので、お義父さんとお義母さんは自宅に帰っている日。

 

お昼は独りぼっちで仕事だし、夜は子供達だけだし、何となく寂しいなーと思いつつ。

可愛い子供達2人がいるんだから贅沢は言ってられません!😂

 

それにしても。
ついに40代に突入してしまいました💦

 

私が学生や新人の頃は、40歳の人はもうかなりのオジさんに見えて、くだびれていたり老けていたり、会話が合わなかったり、

もう全く違う世界の人に見えていました。

 

そんな年頃の人達から見ると、私もそう見えているのかなぁなんて思っちゃいますが、

おじさん側はそんなに違わないぞと思ってたり(笑)

 

腰痛とポッコリお腹が無くなればまだまだ若い人には負けないぞと。

無意味に気を吐いています😅

 

おっと。
話が脱線しました。

 

私の誕生日ですが、

一週間くらい前に日付を知っているか試しに娘に聞いて見ると、

「知らなーい。いつ?」

と聞いてきました。

 

やはりまだ覚えられないか💦

 

10月25日だということを伝えて3日後。

また同じ質問をしてみたら、

「あ、忘れちゃった。いつだっけ?」

 

覚える気がないのか、
まだ覚えられないのか。

これは毎日言い続けるしかないなと思い、この会話を続けました。

 

そしてやっと覚えていてくれたのはもう前日!

そんなに興味ないんかーい😂

 

スポンサーリンク

 

そしてどうやら娘。
急に焦り始めたようです。

「えー明日パパの誕生日じゃん。ヤバイどうしよ、どうしよ!」

 

誕生日の人に何かをプレゼントする事は分かっているのですが、あげる側の立場になるのは始めての事なので、ちょっとテンパりぎみ(笑)

 

これは娘を成長させるいい機会だと思って、

「パパ何か欲しいなー。考えといてよ。」

「うん。分かったー。」

 

当日。

いつも通り保育園にお迎えに行って、
帰路へ着く途中。

「ねぇパパ。お花とチューリップどっちがいい?」

どっちもお花なんだけどな、と思いつつ、

 

「えーと。じゃあチューリップで!」

「分かったー。まあ、どっちもお花なんだけどね。」

分かってんじゃん!💦

 

「あと色は何色が好き?」

「じゃあ緑で!」

 

どうやら家に着いたら何かを作ろうとしているみたいです。

 

お風呂から上がり、ご飯を食べ終わって。
制作開始。

 

家にはお絵描き用の小さなホワイトボードがあるので、

そこにお祝いのメッセージを書いて、折り紙で飾り付けをして、私にプレゼントしてくれました!

 

 

 

可愛いプレゼントです!

左下のお花の折り紙が取れちゃってますが💦

 

この後は、ピアニカでハッピーバースデーをひいてくれて、さらなるお祝い。

楽譜を読みながらですが、やっと間違わずに弾けるようになりました。偉い!☺

 

嫁さんが生きていた時は、いつも盛大な手料理を作ってくれて、プレゼントも用意してくれて、私の誕生日を大切にしてくれていました。

 

昨年の誕生日も寂しい思いをしましたし、もう楽しい事を期待するのは止めようと思っていましたが、

盛大じゃなくてもいい。
ささやかでもこうやってお祝いをしてくれる存在がいる事が、本当にありがたいです。

 

週末は学生時代からの友人が、気晴らしにと誕生日会も兼ねた飲み会を開いてくれると言ってくれてるし。

 

人の存在が本当に暖かくて。
身に染みますね😌

40+

-子育て記

Copyright© さっさんのふんばる子育て記 , 2018 All Rights Reserved.