さやかと過ごした最後の夜。 - さっさんのふんばる子育て記

カテゴリーで絞り込む

スポンサーリンク

闘病記

さやかと過ごした最後の夜。

更新日:
投稿日:

1+

 

2017年10月16日。

 

さやかを失ってから2日が経ちました。

 

家族を亡くした直後、葬儀を執り行い、火葬するまで、その亡骸をどこで安置するのが一般的なのか、

私は知りませんでした。

 

どうやら必ずこうしなければならない、というのは決まっていないようです。

 

私が小学生の頃、秋田県に住んでいた祖父が亡くなった時はずっと自宅に安置されていました。

 

自宅の立地条件などが加味されるようなのですが、さやかの場合は、亡くなってすぐに葬儀場に運ばれ、そのまま葬儀場に安置されました。

 

ですので、さやかに会うためには、葬儀場まで足を運ぶ必要がありました。

 

亡くなった翌日。

昨日もさやかに会いに行きました。

外はシトシトと、雨が降っていました。

 

棺の中に横たわるさやかは、
相変わらず穏やかな表情。

もう辛くないんだと思うと、
悲しいけど安心する。

 

顔に触れると、

冷たい。

 

身体が傷まないようにドライアイスを敷き詰めていました。

 

大事な人の死を間近にするのは初めてでした。

 

さやかの頭を撫でながら、

「また明日会おうね。お寿司とチューハイ、持ってくるから。」

 

また明日会う約束をしました。

 

 

お通夜は行いませんでしたが、
葬儀場のはからいで、葬儀の前日に遺族控室にさやかのお棺を置き、家族で最期の夜を過ごす事が出来るとの事でした。

 

そして今日。

私と娘と息子。義兄ファミリー4人、義妹。

 

みんな揃って、さやかと過ごす最後の夜を偲びました。

みんな悲しい気持ちでいっぱいだけど、さやかと過ごせて嬉しそうでした。

 

まだ実感が湧かない。

後から来る悲しみの嵐を考えると、
この時はまだ、本当の悲しみが訪れていない時間でもありました。

 

さやかとの出会い。

結婚した馴れ初め。

家族みんなで過ごした日々。

今まで話した事がなかった色んなエピソードをみんなに教えてあげました。

 

みんな楽しそうに聞いてくれました。

隣にはさやかもいました。

 

さやかも聞こえてたかー。
ゴメン、言っちゃった。

ちょっと恥ずかしいよな。

 

スポンサーリンク

 

私と子供達とさやかと一緒に写真を撮りました。

 

ブログにアップする事は出来ませんが、

穏やかで綺麗な表情をしたさやかとの写真をいっぱい撮りました。

私も子供達も笑顔でした。

 

今でもたまにこの時の写真を見返します。

さやかの安らかな表情。
みんなの笑顔。

 

でも。。

なんだか不謹慎にすら感じる。

笑顔なんか出せるはずもないのに。

さやかは死んでしまったのに。

 

なんで笑顔なんだ。
バカか俺は。

写真を見返してそう思い、
悲しみと卑屈に暮れた日々もありました。

 

今でもたまにそう思いますが、、

 

最近は少し考え方が変わってきました。

 

笑顔でさやかを送ること。

子供達が笑っているのが一番。

 

さやかはきっとそれを望んでいたと思うから、この時の写真は宝物だと思っています。

 

亡くなった方と写真を撮るのは、賛否両論あるかもしれません。

写真を撮るなんて余裕も心境もないかもしれません。

 

でも私はこの写真を残す事が出来て良かったと思います。

この時のさやかの表情が、この闘いの全てを物語っていると、子供達に伝える事が出来るからです。

 

お風呂に入り、寝る前に。

娘がずっとさやかの事を不思議そうに見ていました。

 

なんでママ動かないの?
それは死んじゃったから。
死んじゃうと動かないの?
そうだよ。

悲しいね。
うん。

 

娘はまだ理解していませんでした。

 

最期を迎える日が近い時、いつもの優しいママが変わっていく様子を見て怖がっていました。

最期の日もさやかに会わせましたが、怖がってずっと泣いていて、自分からは近寄ろうとしませんでした。

4歳の子供には難しい事は理解してはいましたが、、

ちゃんとママとお別れをして欲しい。

そう願っていました。

 

こうして、さやかと過ごした最後の夜は終わりました。

 

明日は旅立ちの日。
しっかり送るよ。

なあ、さやか。

 

前の闘病記:天国へ連れていくもの。
次の闘病記:バイバイ、ママ。

1+

-闘病記

Copyright© さっさんのふんばる子育て記 , 2018 All Rights Reserved.