さよなら。さやか。。貴女を絶対に忘れない。 - さっさんのふんばる子育て記

カテゴリーで絞り込む

スポンサーリンク

闘病記

さよなら。さやか。。貴女を絶対に忘れない。

更新日:
投稿日:

3+

 

2017年10月14日。

 

いつも通り書き進めようと思いましたが。

この日付を書いてから、
しばらく泣いてしまい筆が進みませんでした。

ついにこの日まで来てしまったと思うと、あの時の悲しさが強く蘇ってしまいました。

 

当時の日記があって良かったです。

日記が無ければ、とてもじゃないけど書けなかったと思います。

 

読む方も辛いかもしれません。
ご理解頂きたいです。

 

私は子供達に妻の全ての姿を伝えたいのです。
妻のように強く生きてほしいから。

 

 

日が変わり、10月14日。
夜中もさやかの苦痛は続きました。

夜中の3時。
唸り声がさらに強くなり、急変してから4回目のオプソ。

頼む、効いてくれ。頼むから。。

 

さやかは一旦落ち着きました。
おそらく少し眠ったんだと思います。

 

朝6時。
また唸り声が強くなり、起き上がる。
そして5回目のオプソを飲もうとしました。

しかし手も口も震えてしまい、上手く飲む事が出来ない。

 

5回目のオプソは諦めました。

その後もさやかの唸り声は延々と続きましたが、明確に痛みを訴える訳ではありませんでした。

聞いても何も答えてくれない。

 

痛くないのか訴える事すら出来ないのか。

明らかにさやかの身に何かが起きている。

 

長い夜が明けました。

さやかは苦悶の表情を浮かべながら、寝たり起き上がったり、寝返りしたり、身の置き場がない感じ。

 

呼びかけにもあまりちゃんと答えられない。
当然御飯も食べられないし、薬も飲めない。

 

話がしたいよ。
どこが痛い?何がしたい?どこをさすればいい?起きるか?横になるか?

 

ついに動く事もしなくなってしまった。

13時くらいに主治医と会話しました。

あと3,4日が山場だろうと。

一斉に家族に連絡を入れる。
来るのかついに。その時が。

早い。早いよ。。

 

14時。
横浜に住む伯母が来てくれました。

さやかはその時、伯母が来た事を理解していて、
「ありがとう」って言ってくれました。

この「ありがとう」が、私が聞いた彼女の最期の言葉でした。

 

15時。
反応が全然無い。

顔を覗きこんでも、目を合わせてくれない。
痛みなのか苦しさなのか、ただ唸り声をあげながら呼吸をするだけに。

 

痛みが強いと判断し、モルヒネ塩酸の点滴投与を開始し、心電図モニターを付けました。

 

16時。
まだ唸り声が続く。血圧がガクっと下がる。

 

看護師さんが家族を呼ぶように私に言いました。

今日なのか?なぜ?
3,4日が山場じゃないのか?
そんな事があるのか?

 

17時。
自宅で待機していた盛岡の両親二人と子供達を呼び寄せました。

抱え上げてさやかに娘を見せる。息子を見せる。

 

反応はないけど、きっと見えてる。聞こえてる。

貴女が産んだキラキラ輝く宝物。

ありがとう。ありがとう。

 

18時。
義妹と体調不良で実家に戻っていたさやかの両親も来てくれた。

みんなが揃ってきた。

後は岡山に住む義兄だけ。
岡山は遠い。
間に合ってくれ。。!

唸り声が出なくなり、下顎呼吸に変わる。

顎で息をし始めると、もうその時が近いサインだと知っていました。

気持ちが焦る。
やっぱり今日なのか。。

 

19時。
鎮静用の点滴が効いてきたのか、
さやかの表情が穏やかになってきました。

目は虚ろでしたが、
うっすらと開けてくれていました。

そして涙が一筋。
さやかの目から溢れたのを見ました。

 

サチュレーションは90前後でしたが、
血圧が50を切りました。

やはり肝臓からの出血なんだろうな。
痛かったね、さやか。。

もう楽になってきたか?

 

20時。
表情は落ち着いていましたが、その時が近づいている予感がしました。

私はさやかに伝えたい事があり、
さやかの目をずっと見つめていました。

 

絶対に忘れない。
貴女が私を支えてくれた事を。
貴女が必死で子供を産み、育てた姿を。
貴女が最期まで懸命に病と闘い抜いた姿を。

 

脈拍数が落ちてきた。
50を切った時、看護師さんが来て危険を告げた。

20:55くらいだろうか。

 

そこからは早かった。30、20、、0。。

さやかの呼吸が止まった。

 

何度もさやかの名前を呼んだ。

ありがとうって何度も言った。

聞こえてるか。
満足したからもう逝くんだよな?素晴らしい人生だったと納得したから逝くんだよな?もう引きとめないよ。

 

良く頑張ったね。

 

2017年10月14日 21時。

 

さやかは息を引き取りました。

 

 

3+
前の記事: 急変
次の記事: 思い出のゆりかごの歌。

-闘病記

Copyright© さっさんのふんばる子育て記 , 2018 All Rights Reserved.