バイバイ、ママ。 - さっさんのふんばる子育て記

カテゴリーで絞り込む

スポンサーリンク

闘病記

バイバイ、ママ。

更新日:
投稿日:

6+

 

2017年10月17日。

 

朝起きたのは、
いつもの寝室とは違う場所。

 

最後の夜をさやかと過ごした場所。

葬儀場の遺族控え室。

 

朝、目を覚ました時、
右には娘、左には息子が眠っていました。

 

家族は3人になってしまって、
文字通り、川の字で寝ていました。

 

これから私が命がけで守っていく存在。
どちらも本当に可愛い。

 

守れる気がする。

貴女が空で見守ってくれれば大丈夫。

 

おはようさやか。

昨日は楽しかったね。

 

今日はさやかを空へ送る日。

喪主なんて初めてだから、
緊張はするけど。

 

子供達の変わらぬ笑顔を見て、
今日これからの事を考えて、
さやかと過ごした日々を思い起こしたら、
力が湧いてきました。

最後まで全力で。

まだ終わってない。

 

喪服に着替えに一旦自宅に戻りました。

 

姉夫婦や秋田の叔母、従兄弟など、
遠くからみんなが来てくれて、
全員揃っていました。

 

みんなと目を合わせて、
叔母が抱きしめてくれました。

 

暖かい。。

涙が止まらなかった。

辛かった。悲しかった。悔しかった。

 

頑張ったんだと思います。

 

さやか以上に頑張るなどあり得ないから、
まだまだ頑張り足りないと思っていたけど、

私も頑張っていたんだと気付きました。

 

私も楽になれたのかな。。
複雑な想い。

 

様々な想いが爆発して涙が止まりませんでした。

 

家族みんなで葬儀場へ向かいました。

 

さやかは既に祭壇に移され眠っていました。

穏やかな表情。

 

今日はみんなが来てくれてるよ。

綺麗なお花が沢山飾られて華やかじゃん。

持ち物チェックしたかな?

俺が選んだ物だけど、文句はないかな?

昨日、娘ちゃんに夢の中で会いに行ったんだって?

久しぶりにママの笑顔を見れたから、嬉しかったって娘が言ってたよ。

たまには俺の夢の中にも会いに来てくれよ。

 

話したい事は尽きない。

 

葬儀が始まる。

 

お坊さんが唱えるお経の中、想いを巡らせる。

 

さやかと出会ってから、
良い事も悪い事も、
楽しい事も辛い事もあった。

全てをさやかと一緒に乗り越えてきた。

もう君はいない。悲しい。

 

特に息子はまだ1歳。

娘は辛うじて記憶が残るかもしれないけど、

息子は間違いなく記憶に残らない。

これから先も、
母親の優しさ、柔らかさを与えてやれない。

悔しい。

 

ベビーカーに乗せられた息子。

こんな時でも無邪気な笑顔を振りまいている。

頭を撫でてあげました。

そう。笑顔。
忘れてたよ。ありがとうな。

 

祭壇に飾られていた花を、
みんなでさやかのお棺の中に添えました。

 

大量のお花。

包まれているさやかの姿はとても美しかった。

お花もとっても似合っている。

 

スポンサーリンク

 

喪主として、夫として、父として、
最後に私の書いた手紙をみんなの前で読み上げ、さやかに捧げました。

 

さやかが欲しいと言っていた手紙。

 

恥ずかしいし、手紙なんて書いた事無いし、まだまだ君は死なないだろうし。

なんだかんだで言い訳付けて、
書けなかった手紙。

ようやく亡くなる4日前に書いて渡しました。

今考えると渡すのが間に合って良かった。

 

あの時さやかは、
愛に溢れている文章と言って、泣いて喜んでくれました。

 

手紙には沢山の感謝の気持ちを綴りました。

 

結婚してくれてありがとう。
子供達という宝物を授けてくれてありがとう
全力で私を支えてくれてありがとう。
そして最後に。
一緒に病気と闘ってくれてありがとう。

 

本当に辛かったけど、この1年がさやかと過ごしてきた中で、一番本気でさやかと向き合う事が出来た。

本当の夫婦になることが出来た。

私の誇りです。

子供達と一緒に、さやかの分まで幸せになって、また天国で家族一緒になった時に語りあおう。

その時まで待っててね。

 

そんな言葉をさやかに捧げました。

葬儀場から火葬場へ移動。

 

本当にお別れの時。

 

ママの体は消え去り、
ママの魂は空へと登るんだよ。

これからは空からママは見守ってくれるから。
寂しくないよ。

 

まだよく分からないかな、と思いながらも、
娘にそんな話をしました。

 

でも娘は、
分かっていました。

ここでお別れになる事。
ママは死んだ事。
もう会えない事。

 

でも。。
ずっと見守ってくれている事。
夢で会える事。
ママは側にいる事。

 

お棺が閉められる。
さやかの姿を目に焼き付ける。

火葬炉の扉が下げられた瞬間。

 

「バイバイ、ママ!」

 

怖かったけど、泣きじゃくっていたけど、力を振り絞って、娘は今まで言えなかった母へのお別れの言葉を言えました。

 

さやかが教えてくれた、
強く生きること。

 

もう大丈夫。

きっと頑張れる。

だからもう、心配しなくてもいいから。

 

バイバイ、さやか。

また会おうね。

 

前の闘病記:さやかと過ごした最後の夜。
次の闘病記:ご訪問ありがとうございました。

6+

-闘病記

Copyright© さっさんのふんばる子育て記 , 2018 All Rights Reserved.