ママはいなくなる。娘にも覚悟をしてもらうべきか。 - さっさんのふんばる子育て記

カテゴリーで絞り込む

スポンサーリンク

闘病記

ママはいなくなる。娘にも覚悟をしてもらうべきか。

更新日:
投稿日:

1+

 

2017年9月。

妻の状態は日を追うごとに悪化していました。

腹水の量は増え、足の浮腫みも靴が履けないくらいにパンパンに腫れ上がり

眼球に黄色味を帯びて来た黄疸は、顔の皮膚や手の皮膚にも少しずつ現れるようになりました。

 

そして
顔や体がさらに痩せ細ってきて。

悪疫質対策のプロテインも始めていました。

 

抗PD-1抗体の治験参加による一発大逆転の可能性が残っているとはいえ、

妻は近い将来いなくなる。

 

この現実は避けられないのではないか。

妻の痩せ細った後ろ姿を見る度に。
覚悟を深める作業を私の中でしていました。

大事な人、家庭の大黒柱を失っても生きていかなければならない悲しさ、悔しさ、無念。

一番辛いのは妻なのは間違いありませんが。

遺される側の辛さも感じていました。

 

そして忘れてはいけないのが
4歳になる娘の存在。

 

娘には病気の事は伝えていました。

妻が大腸がんになった事を娘に告げたのは娘が3歳半の時。

大腸がん、なんて言っても分からないから。

「ママのお腹の中に強いバイキンが住んじゃった。」

と言う表現をしていました。

 

「ママのバイキンやっつけてやる!アーンパンチ!」

なんてアンパンマンのものまねをしていた娘も。

4歳を過ぎて。

毎日の家族の形が。
癌と闘う日々に変わった事で。

あっという間に病気の事を理解するようになりました。

 

私も少しずつ娘に告げるようにしていました。

妻の前では弱気にならない。
涙も見せない。

でも24時間それは無理。

私が唯一弱気になり
自由に泣ける場所。

 

それはお風呂でした。

お風呂は娘といつも一緒。

 

スポンサーリンク

 

娘の前で私は弱音を吐いていました。

お湯で体は濡れて分からなくなっていますから、たくさん娘の前で泣きました。

 

娘はキョトンとしていました。

 

パパなんで泣いてるの?

ママがいなくなる。
それはとても悲しい事なんだよ。

ママのお腹のバイキン強いの?

うん。どうしても倒せない。
ママやられちゃうかもしれないんだ。

 

そんなやり取りをすると娘はいつも考え込みます。

そしていつも可愛い提案をしてくれます。

 

いっぱい撫でてあげればいいんじゃない?
ご飯いっぱい食べればいいんじゃない?
プリキュアに頼めばいいんじゃない?

 

そうだね。。
それでも負けちゃいそうなんだ。。

そっか。。でもがんばろう!

 

娘は前向きでした。

 

でも少しずつ。
ママがいなくなる事を悟らせた方がいいのではないか。

娘にも覚悟を決めてもらう必要があるのでは。

そう思い始めました。

 

ねぇ。ママが死んじゃったらどうする?

ママに会えなくなるってこと?

そうだよ。

うーん。。悲しいけどぉ。大丈夫だよ!

 

娘はあっけらかんとしていました。。

リアリティを感じる
という事がまだ出来ないだけかもしれませんが。

 

だってパパもいるし、弟くんもいるし。ジィジもバァバもいる!だから大丈夫だよ!

 

本当に子供は強い。
ひたすら前向きで。

羨ましいくらい。

でも嘘なんて付いてなくて
娘が言っていたことは本当でした。

 

ママがいなくなって悲しいけど大丈夫。

今、その通りに彼女は強く生きています。

 

娘にも覚悟を決めてもらう必要があるなんて思っていたけど。

そんな必要はなかった。

 

覚悟を決める必要がある人は。

心が弱い人。

いざその日が来た時に自分を見失わないようにするための防御策。

私は心が弱いので。

私には必要でした。

 

心が強い娘。

本当に母親にそっくりです。

 

前の闘病記:カミングアウトの難しさ
次の闘病記:母を貫けない悔しさ。

1+

-闘病記

Copyright© さっさんのふんばる子育て記 , 2018 All Rights Reserved.