友人と過ごした最後の時間と両親同士の家族会議。 - さっさんのふんばる子育て記

カテゴリーで絞り込む

スポンサーリンク

闘病記

友人と過ごした最後の時間と両親同士の家族会議。

更新日:
投稿日:

0

 

2017年10月1日。

 

A病院からK病院に転院。

激しい吐血を繰り返した妻さやかの状態は、
「急変」という意味では峠を越えたように思います。

しかしながら、
腹水、浮腫。
黄疸。
せん妄。

それに加えて肝動注の手術の傷跡の痛みがなぜか思うように回復せず、歩くのがままならない状態でした。

 

また、
骨転移による骨盤の痛みと
乳転移による乳房の痛みも気になり始めました。

乳転移については、
数ヶ月前まではただのシコリで見た目は何も分からない状態でしたが。

この時になると。
乳房の形は変形し、紫色に変色して、シコリが皮膚から突き出てきそうなところまで来ていました。

 

命に関わるのは肝臓と肺。

骨転移も乳転移も気にしなくて良い、と考えられる事自体が、悲しい現実を意味していました。

 

この日は、高校時代の友人とランチをすると言って、家の近くのファミレスにさやかは出かけました。

とてもじゃないけど、そんな事が出来る状態ではない。

本当は止めたかったけど、友人に会っておきたい気持ちは痛いほどよく分かる。

 

私はファミレスの駐車場に待機して、妻の急変に備えました。

さやかの状態を考えると、おそらく30分くらいが限界かと。

そう思っていましたが、帰るコールはなかなか来ず。

 

結局1時間半くらいはいたでしょうか。

久しぶりに仲の良い友人に会った事で、かなりアドレナリンが出たようです。

 

最後は疲れて眠くなったようですが。
だいぶ楽しい時間を過ごしたようです。

ただ、友人に心配をかけまいと、
お昼を普通に食べるなど、
無理をし過ぎたようで。

家で嘔吐していました。。

 

友人との会話では。
涙は無かったそうです。

さやかは淡々と病状を報告し、
後は久しぶりに会う友人達の近況報告や恋愛話など、病気とは関係ない話に終始したようです。

 

スポンサーリンク

 

さやからしいというか。。

自分の事を話すのは苦手で。

ちょっと離れた位置でみんなを穏やかに見ている。

友人達と過ごした最後の時間も。
最後まで自分らしい姿だったようです。

 

そしてこの日の夕方。
普段育児サポートをしてくれている、
さやかの両親を家に呼んでいました。

 

私の盛岡の両親も来ている。

今まで避けてきた深刻、かつ重大な相談事。
親族の前で正式に話をしなければならない時が来ていました。

 

私の両親は東京から遠く、盛岡に住んでいますが、さやかがこんな状況になってからは度々サポートに来てくれていました。

大体1カ月に1回くらい。

さやかの両親とはバトンタッチをする形で子供達の面倒を見てくれていましたが、

そのバトンを手渡しする事はありません。

 

私の両親が来る1時間前には自宅に帰り、
私の両親が帰る1時間後にウチに来る。

仲が悪いとかそういう事では無いのですが。

 

少し気まずいのは仕方ありません。
義理の両親の苦しい心境も理解していましたし、内向的な性格も理解していました。

 

わざわざウチの両親と顔を合わせなくてもいいですよ。

私も配慮し。
今まではそうしてきました。

 

でも。

もうそんな事を言っていられる時期ではない。

今の厳しい現状と、
これからの事を話し合う場が必要。

私は両家の両親を集めて、
親族同士の家族会議をする事にしました。

 

現実的な話をする。
死を意識した話もする。
過酷な未来の話もする。

つまり、とても辛い話になる。

 

さすがに妻には会議には同席させませんでした。

さやかも。
私がいない方がいいだろうと、
娘と別室へ。

 

スポンサーリンク

 

議題は4つ。

①さやかをどのような形で看取るか。
②葬式はどこで行い、どの範囲まで人を呼ぶか。
③お墓は立てるのか。納骨堂や合同碑等にするのか。
④さやかの死後。3人家族になった時に周りはどのようにサポート(特に育児)するのか。

 

死後の話が中心。

さやかの想いも尊重しながら、
この場にいない関係者への影響も考えながら、

慎重に検討を続けていく必要があると感じました。

 

会議が終わり、
義父と義母は帰宅。

その後、
さやかにはどんな話し合いをしたか、
正直に伝えました。

・在宅で最後を迎えるのは難しいかもしれない。
緩和ケア病棟を検討する。
・葬式は家族葬で良い。
・お墓は小さくてもいいから欲しい。

死後の育児についてはタイムアップで出来なかった事も伝えました。

またまだ考える事、
決めるべき事は山積みですが。

さやかの同意を得る事だけは、
一番大事にしたい。

 

私の父は良く言います。

「死んだらその人は終わり。遺された人が頑張るしかない。」

間違いなく非道な発言ですが。
間違ってはいない。

 

でも私は思います。

死に際の願いこそがその人の真の願い。
遺される人はその願いの全てを叶えてあげるべき。

 

もちろん叶えられない事もあると思います。

 

でも「死んだら終わり」だからと言っても。

さやかはあまりにも若い。

特に子供達。
遺して逝く物は大き過ぎる。

 

最期の最期まで。
最期の最期だからこそ。

さやかの願いを叶え続ける事を
第一に考えていました。

 

※急に名前が出て驚いた方もいるかもしれません。妻の名前は「さやか」といいます。
1つ前の記事にも書きました。何となくですが、名前で呼んであげたいな。そう思いました。

 

前の闘病記:「さやか」
次の闘病記:蜘蛛の糸

0
前の記事: 「さやか」
次の記事: 蜘蛛の糸

-闘病記

Copyright© さっさんのふんばる子育て記 , 2019 All Rights Reserved.