急変 - さっさんのふんばる子育て記

カテゴリーで絞り込む

スポンサーリンク

闘病記

急変

更新日:
投稿日:

3+

 

2017年10月13日。

 

頂いたコメントの中で、
「中治り」
という言葉を頂きました。

初めて見る言葉だったので、調べてみました。

この日のさやかは、
まさにその状態だったのかもしれません。

 

この日は朝から体調が良く、
さやかを連れて2時間だけの外出。

自宅に帰り、久しぶりに娘と息子に会えて、
さやかは嬉しそうでした。

 

この後に起こる事を考えると、

この時間を得る事が出来たのは、
家族に迷惑をかけまいと気丈に振る舞い続けるさやかの姿を見ていた、神様のご褒美だったのかもしれません。

 

17時。
病室に到着するなり激しく嘔吐。

そして背中の痛みが強くなりオプソを飲みました。

オプソの量は使用開始当初よりも1回あたりの量を増やしており、今まではこれを飲めば、数分後には必ず痛みはひいていました。

 

でも今回は痛みはずっと消えず、横になり苦悶の表情が続いていました。

吐き気の方は、制吐剤の点滴を入れたので、一旦は落ち着いたようでした。

 

18時。
義妹が病室に来る。

今日はさやか調子が良いよ、と連絡を入れていたので、お見舞いに来る事になっていたのです。

病院についてさやかの様子がおかしい事に、義妹も戸惑っていました。。

 

コンビニでさやかが食べたそうな物を調達してきてくれていましたが、さやかは一口も口にする事が出来ず横になるだけ。

とにかく痛みがひかない。

 

2回目のオプソ。

1回目の服用から、
間を開けられた時間は1時半だけ。

こんな事は今までに無かった。。

 

20時にMSコンチン。

義妹は用事があり、帰宅。

 

20時半にはまた嘔吐。

 

MSコンチンの効果に期待しましたが、
痛みは全くひかない。

21時に耐えきれず、3回目のオプソ。

 

スポンサーリンク

 

睡眠薬も飲みましたが、いつも悩まされる眠気が今日に限ってやって来ない。

睡眠薬の点滴をお願いし、
ようやく落ち着いた気がしました。

 

時間は22時。
後ろ髪をひかれながらも、この日はどうしても帰宅せねばならない事情があり一時帰宅しました。

 

しばらくするとさやかから電話。

今から来て病室に泊まって欲しい。
一人は嫌だとの事だった。

 

最期の時を迎えるまで、さやかに全てを捧げる覚悟。

家の長座布団を持ってすぐに駆け付けました。

 

病院に着くと、さやかはベッドに腰をかけていました。

意識は朦朧としており、呼びかけに首を動かす程度の事しか出来ない。

 

発する言葉は「痛い」だけ。

 

昼間はあれだけ元気だったのになぜ。

あのパワーは人の命が消え尽きる前の最後の炎だったのか。。

もうさやかは燃え尽きるという事なのか。。

 

病院が用意してくれた簡易ベッドに横たわり、心を決めた。

とにかく今夜はさやかの側にいよう。

 

痛いところは撫でてあげよう。

反応してくれなくていいから、声をかけてあげよう。

 

そして悲しい運命の日。

2017年10月14日を迎えます。

3+

-闘病記

Copyright© さっさんのふんばる子育て記 , 2018 All Rights Reserved.