死後に発見した妻の日記。綴られる苦悩は計り知れない。 - さっさんのふんばる子育て記

カテゴリーで絞り込む

スポンサーリンク

闘病記

死後に発見した妻の日記。綴られる苦悩は計り知れない。

更新日:
投稿日:

1+

 

2017年9月30日。

この日から妻は、
私には明かさずに日記を書き始めていました。

 

この日記の存在を知ったのは、妻の遺品を整理していた時です。

整理した遺品は。
今でも一つも捨てられていませんが。。

 

そして。
日記を書き始めたと言っても。

 

この妻の日記の最後は2017年10月7日。
ほんの8日間しか書けていない日記です。

 

妻が亡くなるのは2017年10月14日。

 

亡くなる1週間前くらいの頃は、
せん妄の症状がさらに悪化し、
文字が書ける状態ではなくなりました。

ほんの8日間の日記でしたが。
妻の悲しさ、悔しさ、葛藤、無念。

そして日を追うごとに。
字の形は崩れ、痩せ細っていく。

 

最後の日の日記はほんの1行。
娘の秋の運動会の前日。

「体調がわるくやすませてもらった。。」

消え入りそうな文字で締めくくられていました。

 

内容だけでなく、文字の形からも。
妻の命の炎が消え衰えていく。

その様子が伺えました。

 

そして私は。
もう少し早く。

2017年9月19日から日記を始めていました。

この日はA病院に入院した日。

A病院で治療を始める事は、
何か重要なきっかけになる。

そんな予感がして。
日記を書き始めました。

 

A病院で起きたあの壮絶な出来事を、
鮮明に書き残す事が出来たのは、
当時の日記があったからこそでした。

 

時は少しさかのぼり、
2017年9月28日。

K病院入院3日目。

大量吐血をし、A病院からK病院に緊急転院となった妻。

その後は吐血もなく、食事も少しずつ再開。

日中の眠気が強く、会話はままならない事もありましたが、精神的にはとても安定。

A病院のストレスから開放された事も大きかったと思います。

 

ヘモグロビンの値を改善させるために行ってきた輸血の効果も良く、

この日、妻は退院。

正真正銘に我が家に帰る事が出来ました。

 

ついに我が家に帰れる時が来た。

A病院に入院したのは9月19日。
途中一度だけ外泊で帰ってきましたが、
実質10日ぶりの我が家。

 

久しぶりに母親に会えた娘。

大喜びするかと思っていたのに。

 

妻を一目見て。
何だかよそよそしい。

あまり妻の事を見ない娘。

 

久しぶりに帰って来た妻の顔にも
笑みはありませんでした。

 

スポンサーリンク

 

妻の様子は。
この10日間の間で激変していました。

 

目は虚ろで。視点はどこにも合わず。
黄疸の黄ばみは目、顔、腕。
身体中の色を変えていました。

げっそりと痩せているのに。
腹水と浮腫により、
異常に膨らんだお腹とふくらはぎ。

肝動注用に埋め込んだポートの手術痕はまだ抜糸前で、傷跡は生々しく痛みが強い。
まともに歩けない。

 

その異様な姿に。
4歳の子供の目にも。

私が知っているママではない。
と感じたようです。

 

特に黄疸の状態がひどい。
退院時の血液検査のビリルビン値は、

総ビリルビン:14.6
直接ビリルビン11.8

誰の目から見ても。
この人は病魔に冒されている。

それは明らかでした。

 

退院した日は。
その喜びを祝う余裕など無く。

妻は寝室で寝たきり。

 

義父、義母と共に。
重苦しい空気に完全に飲み込まれて。

妻不在の食卓で。
無言で夕食を済ませるしかありませんでした。。

 

翌日。
2017年9月29日。

妻は久しぶりに我が家で朝を迎えましたが。
体調不良でほとんど寝室で寝たきり。

それでも頑張って、
たまにリビングに顔を出す妻。

 

母である姿を見せようと、
子供達の前で頑張ろうとしますが。

子供達の自由奔放な行動に耐えきれず。
すぐに疲れて。

リビングと寝室の行ったり来たりを繰り返す。

 

私は体力的な限界が来ていたのか。
朝から発熱してグッタリしていましたが。

 

そんな破綻した家庭の様子に脇目も振らず。

娘は退院出来たからもう大丈夫と。
朝一で実家に帰っていく義父と義母。

 

彼らも長い育児を耐え。限界を超え。
現実から逃れる術を毎日考えていたのだと思います。

綺麗ごとなど一切無いのが現実。

 

でも幸いな事がひとつ。

 

私は盛岡に住む実家の両親に相談し、
育児サポートで3日間だけ来てもらう事をお願いしていました。

 

スポンサーリンク

 

夕方。
実家の両親が到着。

 

壮絶な闘いの日々により。
疲弊していた私達とは真逆。

久しぶりに東京に上京して、
明るくテンションの高い父と母の姿は。

 

私達からすると、
何だか現実離れした人達。

 

我が家の空気を変えてくれた。

救世主のようにも見えました。

 

2017年9月30日。

現実離れした私の実家の父と母は。
私達にエネルギーを与えてくれました。

 

日中は気晴らしにと、
私を近くの川に釣りに誘ってくれました。

 

また、夕方には毎年マンション内で開催される秋祭りがあり、下の子を見てるから娘を連れて行って来いと提案してくれました。

ありがたかった。

久しぶりにちょっとしたレジャーが出来た。

 

でも。

妻も秋祭りに参加しましたが、
妻の状態からして、
レジャーは難しい部分が有りました。

 

最後に。
妻の書記の抜粋より。
当時の妻の苦しい想いを記しておきます。

 

--妻の日記より--

朝から眠気がひどい。

困る。

何とか解消してもらわないと。

 

この異常な眠気は肝臓の状態の悪化から来るものではないだろうか?

 

マンションの秋祭り。

知り合いを何人か見つけたけど。

自分からは声をかけられない。

 

目の黄疸をバレたくないと思って。

何だか楽しくなかった。

盛岡の両親が来てくれた。

子供達と遊んでいる姿を見ると、

楽しそうで安心する。

 

これが当たり前の光景なのかな。

 

普通に生きたい。

 

普通のママとして、

当たり前のことを当たり前にやりたかった。

 

前の闘病記:考えねばならない看取り方。理想と現実。
次の闘病記:「さやか」

1+

-闘病記

Copyright© さっさんのふんばる子育て記 , 2019 All Rights Reserved.