自虐の夜。 - さっさんのふんばる子育て記

カテゴリーで絞り込む

スポンサーリンク

闘病記

自虐の夜。

更新日:
投稿日:

1+

 

2017年10月12日。

 

あまりにも辛い思い出ばかりで、
もう二度と行くまいと思っていたA病院。

肝動注治療のため、A病院での手術で入れた動注ポートとカテーテルが、感染症により敗血症を起こし、死に至る可能性がある。

 

A病院には確かにもう関わりたくなかったけど、そのままの状態にする事が出来ない程に、感染症の状況は悪くなっていました。

 

動注ポートを外す手術をするか。
そのままにするか。

非常に難しい判断でした。

 

何が正しいかは分からない。

強く意志を持って決めるしかない。

 

でももう。
私には自信が無くなっていました。

 

流れに任せようとしてしまった瞬間、

さやかの強い意志に助けられました。

 

A病院を後にして、
主治医がいるK病院に向かう車の道中。

さやかは泣いていました。

 

「大丈夫かな?私、大丈夫なのかな。。?」

 

難しい判断の中、
強い意志を示したさやかでしたが、
不安に襲われていました。

 

「大丈夫だよ。。間違ってない。」

私も泣きながら答えました。

 

大丈夫という言葉が嫌い。
でもそんな事はもう言っていられない。

大丈夫という言葉をかけてあげないと、
さやかが消えて、どこかに行ってしまいそう。

K病院に着きました。

主治医は今夜にでも動注ポートの抜去手術をするつもりで準備をしてくれていました。

 

素早い対応で驚きましたが、

主治医自身で設置したポートではない。

ポートだけでなく、肝臓内まで繋がっているカテーテルまで抜がなければいけないと、A病院の院長先生から情報提供がありました。

 

本当に大丈夫なのかという不安。

 

そしてもうこれ以上、
さやかに負担をかけたくない。

手術は望んではいませんでした。
出来れば何もしたくない。。

 

不幸中の幸いという表現すらしたくありませんが、

主治医はさやかの腕の注射痕を見て、内出血が多い事が気になると言いました。

 

内出血が多いこと、
それはつまり手術中の出血を止める血小板の値が下がっている疑いがあるという事らしい。

緊急で血小板の検査へ。
結果、基準値を下回る7という数字。

 

また、白血球の数字もかなり下がっていた。

原因は不明だが、今夜の抜去手術は危険である事は間違いないと判断。

入院して日々の状態や、血液検査の結果を見ながら、抜去するタイミングを図ろうという方針で今日は終わりました。

 

スポンサーリンク

 

病棟の病室でさやかが落ち着いたあと、
私はナースステーションに呼ばれ、主治医と色々と今までの事を話しました。

 

私がやってきた事は正しかったのか。

悔しくて悔しくて、全てを吐露しました。

 

良かれと思って選択してきた様々な治療が、全てにおいて期待される平均的な効果を得る事がなく、

また発生率が低い副作用や医療ミスにより、さやかの身体を痛めつけた。

 

選択してきた事に後悔はない。

さやかと意識を常に合わせてきたから。
論理的な確率も調べて判断したから。

私だけでなく本人もそうだと思う。

 

でも、結果はいつも散々だった。

結果からすれば、何もせず、何も考えず、
ただ穏やかに残された日々を過ごす毎日を選んだ方が良かったのでは。

私達がやってきた事は全て間違っていた。

 

そんな心境を主治医に吐き出しました。

 

主治医には、今までの選択を全て相談していて、どんな治療をしてきたか知っていましたし、私の意志を尊重してくれていました。

その主治医は、
私の考え方を否定しました。

 

がん治療においては、様々な選択肢があるが、何が奏功するか分からないという意味では、その時々の慎重な判断は全て誤りではない。

そういう意味では、ここまで精一杯考え、尽力したご夫婦は見た事がない。

 

そう言ってくれた事は、慰めになりました。

 

加えて。
結果論は何の意味もない。
結果を悔やまないでほしい。

今のがん治療には限界がある。

 

これからは部位別ではなく、遺伝子別の治療になる時代が来るかもしれない。

遺伝子治療の幕が明ければ、
今までの正解と不正解の違いが明らかになるのではないか。

 

会話の後半は、遺伝子治療の未来についての主治医の熱い想いをお聞きしました。

未来の話ですから、
もちろんその主治医の想いが正解とは限りません。

 

でも仮にそれが正解だとしたら、
遺伝子治療の幕が明けるのは何年後なんだろう。

 

もしそう遠くない未来に、
癌が治る時代が来るのであれば。

治る時代を経験出来るはずの若さで、
治る時代が来る前に癌になってしまった事が、

悔やまれました。

 

今はもう、
さやかが望むことを叶えてあげて。

穏やかに過ごすこと。

 

最期の時までさやかの願いを叶え、
添い遂げる事が、私の目標になりました。

1+

-闘病記

Copyright© さっさんのふんばる子育て記 , 2018 All Rights Reserved.