過去の追憶 25 最高で最後のクリスマス - さっさんのふんばる子育て記

カテゴリーで絞り込む

スポンサーリンク

闘病記

過去の追憶 25 最高で最後のクリスマス

更新日:
投稿日:

3+

 

2016年12月21日。

最初の抗がん剤治療を終えてから約1週間。

 

予想していた副作用もほとんどなく、拍子抜けすりくらい体調が良かった。

我が家に激震を与えた大腸癌ステージ4の告知から1カ月が経ち、平穏な日々を少しずつ取り戻しつつあった。

 

この日は、胃カメラでの検査を行った。

次回の治療から追加するアバスチンの主たる副作用である「出血」が怖いため、念の為の検査だ。

 

結果はもちろん問題なし。

次回からアバスチンが追加になる。

 

年末のこの時期になると、クリスマスをどう過ごすか妻と話になる。

 

娘へのプレゼントをどうするか。

 

悩んだ結果、シルバニアファミリーの家具セットにした。

人形でかわいいなんて思った事ないけど、このウサギの人形は確かに可愛い!

 

サイズ感とつぶらな瞳がオジサンの目から見ても可愛かった

後から人形やら家具やらを、買い足し買い足しでお金がかかる仕組みはやられた感があるけど💦

 

2016年12月25日。

前日にクリスマスプレゼントをベッド側に仕込んだけど、娘気付かず。

 

妻にこっそりLINE。

「今からサンタの衣装の来て、リビングに行くよ!」

去年もサンタの衣装を来て現れたけど、娘はギャン泣き。まだ2歳だったからさすがに怖かったみたい。

今回は泣かなかった!

 

「もーパパでしょ!分かってるんだから!」

はー1年でだいぶ成長したもんだ。

 

プレゼントを渡してご満悦

夜は手作りケーキの作成をみんなで楽しんだ🍰

 

ホイップクリームを塗ってる時にいきなりチューチュー吸い出してビックリ!

 

食べたい物を見ると自分をまだまだ制御出来ない3歳児でした

 

これが妻が居た最後のクリスマス。

本当に楽しい思い出で。

今でも娘との会話に出てくる。

 

まさか最後になるなんて思いもしなかった。

 

2017年のクリスマス。

妻がいない最初のクリスマスも同じように、手作りケーキを作った。

3人じゃ寂しいから、妻の両親と妹を呼んでのクリスマス会にしたけど。

 

うーん。

寂しい時には寂しく過ごすのが一番いいのかな。

今となっちゃ。

 

クリスマスは来て欲しくないイベントの一つです。

 

前の記事:
過去の追憶 24 抗がん剤治療開始。副作用出ず。
次の記事:
過去の追憶 26 FOLFOXクール2。そして新年を迎える。

3+
前の記事: 昼寝
次の記事: 幼稚園のおゆうぎ会

-闘病記

Copyright© さっさんのふんばる子育て記 , 2019 All Rights Reserved.