過去の追憶 46 ハイパーサーミア予約。腫瘍内科を受診。 - さっさんのふんばる子育て記

カテゴリーで絞り込む

スポンサーリンク

闘病記

過去の追憶 46 ハイパーサーミア予約。腫瘍内科を受診。

更新日:
投稿日:

0

 

2017年3月17日。

 

この日は、新たに挑戦する治療「ハイパーサーミア」の相談をするため、O病院まで二人で足を運びました。

 

ハイパーサーミアがどのような治療なのか、について少し説明しておきます。

 

ハイパーサーミアとは癌に対する温熱療法の事で、CT検査を行うような装置に横たわり、癌が存在する箇所に高周波エネルギーをあてることによって42度前後の高熱状態を作り出し、がん細胞を消滅させたり、免疫力を向上させたりする事を目的とした治療の事。

 

そして何より、抗がん剤の効果を高める事が出来るのが魅力。

 

癌細胞が熱に弱いことを利用した治療で、イメージ的には電子レンジのような・・と看護師さんは言ってましたが、もらったパンプレットを見ると、アイロンで挟み込むようなイメージが一番近い感じです。

 

直接お腹に電極をあてるのですが、熱くなるのは身体の内部。

つまり腫瘍に届くように熱を与える仕組みになります。

 

始めて行く病院でしたが、癌治療を行っているとは思えないような狭さ、人も多くてごみごみした感じ。。

大丈夫かな。

 

11時から予約をしてはいたものの、こんなに混んでたら、ある程度待たされるかなと覚悟したのですが、来院して早々にすんなりと呼ばれる。

 

そして4階へ移動。

そこは「腫瘍内科」と呼ばれているフロアでしたが、急に別世界な雰囲気。

イメージ的には、ちょっと古い時代の会社の社長室?他にも患者さんがいましたが、明らかに癌患者なオーラ。

腫瘍内科だから当たり前か。

 

10分ほど待って呼ばれて先生と初対面。

著書も色々出している高名なお医者さんと聞いていたけど、その片鱗は特に見せずおだやかな感じ。

CTの肝臓の画像を見て、「随分賑やかな感じですね~」とマイルドな表現。

 

スポンサーリンク

 

そういえば嫁さんの肝臓の画像を見た医者は今まで主治医しかいなかったけど、今夏始めて他の医者に診てもらった。

賑やかな感じ。。

どう捉えればいいんだろう?

 

この時はこんな穏やかな表現をしていた先生。

この後、妻の病気が進行すると表現が一変するんだよな。。

 

この日、先生と交わした言葉は多くはありませんでしたが、皮下脂肪も少ない体形である事、ハイパーサーミアは大腸がん肝転移との相性も良いとの事で、効果は期待できるとの事。

適用不可と言われたらどうしようと思っていたので、まずは一安心。

 

1回目の治療の予約を取って今日は終わり。

ハイパーサーミアは抗がん剤の効果を高めるので抗がん剤治療の前日に合わせて、計6回行う計画になる。

 

果たしてこのハイパーサーミア。

吉と出るか凶と出るか。

 

次回CTは6月。

次こそ期待通りの結果を得たい。

 

そう考えなければ。

希望を持たねば。

 

気が狂いそうだった。

 

前の闘病記:
過去の追憶 45 濃い一日
次の闘病記:
過去の追憶 47 新たな副作用。鼻血。対策が無い。

0

-闘病記

Copyright© さっさんのふんばる子育て記 , 2018 All Rights Reserved.