黄疸出現 - さっさんのふんばる子育て記

カテゴリーで絞り込む

スポンサーリンク

闘病記

黄疸出現

更新日:
投稿日:

0

 

2017年9月7日。

この時期の妻の体調は。

小康状態といいますか。
急変する手前の非常にギリギリの線を過ごしていたと思います。

 

主治医が国立がん研究センター東病院の先生に変わったとはいえ。

元主治医が務める病院は歩いていけるほどの距離にあり、ちょっとした投薬でわざわざ柏のがんセンターまで行くのは面倒。

 

妻は度々熱を出し、白血球数やCRP値が標準値まで下がらない事から。

この時期も毎日のように抗生剤と肝臓保護の点滴を朝から夕と行っていました。

そうやって何とか。
肝臓の状態を維持させようとしていました。

 

元主治医に主治医を変えたいという話をした時も、快く応じてくれて。

何かあった時は全力でサポートすると言ってくれました。

本当にいい先生に出会えました。

 

私はこの時期。
妻の体調の変化に神経を尖らせていました。

今までももちろんそうでしたが、特に目を光らせていたのは、

妻の眼球の色。

 

遅かれ早かれ。
このままではいつか黄疸が出てくる。

 

ビリルビンの値が基準値を超えた時から覚悟をしていました。

 

そして。

黄疸が出始めたら余命1カ月。

これも意識していました。

 

でもビリルビンの値が基準値を超えて間もなかったので。

きっと11月か
いや早いと10月くらいか。

それくらいには黄疸が出始める。

 

だから早く。
マイクロサテライト不安定性の結果が出て。
PD-1抗体の治験に参加して。
一発大逆転をする。

 

そのストーリーを頭に描いていました。

 

でもその日は。
早くも訪れてしまいます。

 

この日。
妻はだいぶ疲れていました。

ちょっと買い物に出かけたりして。

あと背中の痛みが強く。

オプソもハイペースで使っていて
早くも3包目に手を伸ばしていました。

 

MSコンチンとの併用でも疼痛のコントロールが出来なくなってきていました。

 

心配げに妻を見つめる私。

目があった時に気付いてしまいました。

 

明らかに眼球が黄色くなっている。。

 

妻にも声をかけて。
鏡を見てもらいました。

 

「ホントだね。。」

 

妻は淡々としていました。
この人は私の前で取り乱す事はほとんどありません。

とても気丈な人でしたから。

 

スポンサーリンク

 

ビリルビンの値。

前回検査したのは
がんセンターで診察を受けた9月1日。

その時は
総ビリルビン 2.1
直接ビリルビン 1.5

基準値を超えているものの
目に見えるほどの黄疸が出る値ではありませんでした。

 

もしかして急激に増えている。。?

嫌な予感がしました。

 

すぐに元主治医がいる病院を受診。

血液検査をしてもらいました。

 

その結果。。

総ビリルビン 4.5
直接ビリルビン 3.5

。。

ほんの1週間程度で2倍以上になっている。。

 

焦りを超えて。
恐怖を感じました。

燃え盛る炎のような肝臓。
形が脆く崩れた肝臓。

 

その肝臓が悲鳴を上げて今にもその機能を停止させようとしている。

 

ロンサーフが効いてくれること。

これ以外にないと先生は言いました。

 

閉塞性黄疸の場合、狭窄部分にステントを留置して詰まりを防ぐ外科的手法もあるようですが。

妻の場合、あまりにも腫瘍が巨大で数も多い事から対応は難しいだろうと。

 

恐怖の値。ビリルビン。

この後、加速度的にこの値は急増します。

 

頼む間に合ってくれ!

。。

何が?

 

ロンサーフが効いてくれ!

は?
3rdラインの総効率がどれだけ低いか知ってるだろ?

 

早く治験が始まってくれ!

は?
出来る確率は3%くらいなんだろ?無理無理。

 

私の頭の中のマイナス思考が
津波のように押し寄せてきました。

 

黄疸が出始めたら余命1カ月。

今日が9月7日だから。

妻は10月7日に死ぬ。

 

頭をプラス思考に切り替えなければ。

自分自身がどうにかなってしまいそう。

 

今はじっと我慢。

そして妻に寄り添う。

それしか出来ませんでした。

0

-闘病記

Copyright© さっさんのふんばる子育て記 , 2018 All Rights Reserved.