黙祷。 - さっさんのふんばる子育て記

カテゴリーで絞り込む

スポンサーリンク

子育て記

黙祷。

更新日:
投稿日:

50+

 

2018年10月14日。

この日はさやかの命日。

亡くなってからちょうど1年が経った日です。

 

この日は日曜日でしたが、だからと言って、何か行事をやる訳ではありません。

一周忌は10月6日(土)に済ませましたし。

 

さやかの祭壇のお花を新しい物に交換し、フルーツのお供えをしたぐらいでした。

 

我々家族は普段通りに時間を過ごしていましたが、お世話になった周りの方々から連絡が。

 

まずは同じマンションのママ友。
綺麗なプリザーブドフラワーと御香典を頂戴しました。

さやかが母親になってから、一番頼りにして大事にして来た友人達。

 

亡くなった後も変わらずに、私の事や子供達の事を心配して声をかけてくれます。

特に保育園に子供達が入園する際、二人分の布団カバーを入れる大きな巾着袋を手作りしなければならなかった時、

素敵な物を作ってくれました。

 

本当に頼りになる人達で、さやかが遺してくれた大切な物は子供達だけではないなー、とつくづく感じました。

 

そして、さやかの学生時代の友人達。

この日、共通の友人何名かでさやかのお墓詣りに行くと言ってくれました。

 

とてもありがたいこと😌

 

「でもさやかの魂はご自宅にいるからお墓にはいないかなー」なんて、

その友人にLINEで言われたので、

 

「さやかに言っといたよ。友達が会いたがってるから、お墓に行ってあげなって。」

 

そんなやり取りをしていたら、

何だか本当にさやかがお出かけの準備をしているような姿が思い浮かびました。

何を着て行こうかな。
今日は少し冷えるから難しいな。

なんて。

一人ファッションショーをしています。

 

久しぶりの女子会にウキウキしていそうに見えますね😆

 

さやかが亡くなったのは21時ちょうど。

 

思い出すのが一番辛い瞬間でもあるけど、

さやかが長い苦しみから解放されて、
穏やかな気持ちとなり、
天に召された時間。

 

そして1年が経ち。
今はただ静かに目を瞑り、
さやかに祈りを捧げる時間。

 

遅いから息子はもう寝んねしていましたが、

私と娘はさやかの祭壇に向かい、

 

黙祷を捧げました。

 

お花がたくさんです。

 

目を瞑ると、
色んな出来事が思い返されていく。

 

本当に辛かったこの1年。

何とか乗り越える事が出来た。

 

目を開くと目の前にはさやかの笑顔。

横を向くとそこにあるのは娘の笑顔。

 

1年1年を積み重ねて。

子供達は大きく育っていく。

 

見守っていてくれよ。

頑張るから。

 

そしてまた来年も同じ時間に黙祷を捧げるね。

 

来年はもう3歳だし、

息子も起きていられるかもよ!?😆

 

 

50+

-子育て記

Copyright© さっさんのふんばる子育て記 , 2018 All Rights Reserved.