11回目の抗がん剤治療。FOLFOX中止。 - さっさんのふんばる子育て記

カテゴリーで絞り込む

スポンサーリンク

闘病記

11回目の抗がん剤治療。FOLFOX中止。

更新日:
投稿日:

1+

 

2017年5月10日。

 

この日は11回目の抗がん剤治療の日。
珍しく木曜日ではなく、水曜日に治療を開始しました。

というのも5月13日の土曜日に幼稚園で母の日のイベントがあったから。

本当は、入園式の時みたいに1週間スキップしようかとも思ったのですが、腫瘍マーカーの値が悪化していたので、そうも言ってられず。。

 

逆に1日前倒しで始める事で、何とか母の日のイベントには参加しよう。

そんな思いで日程調整をしました。

 

いつもの通り前日にはハイパーサーミアと血液検査のための通院。ハイパーサーミアは3回目になる。

 

前日の血液検査の際、主治医と会話。

前回の治療からしばらく。
妻の体調は良くありませんでした。

副作用による手の痺れ。
そして謎の胸の痛み。。

 

手の痺れはもう、生活する上で、
かなりの支障をきたしていました。

箸を上手く持てなかったり。水を触れなかったり。
ボタンを付けられなかったり。

痛いとか苦しいとかではなかったけど。
著しいQOLの低下。

 

オキサリプラチンの手足の痺れの副作用は、投与を止めれば収まるものではなく、やめたタイミングの状態がしばらく続く。

その状態が悪ければ悪いほど、これから長くその嫌な痺れと付き合っていかなければならない。

そういう性質を持った副作用だから。

もうこれ以上オキサリプラチンを投与し続ける事は出来ない。それが主治医の判断でした。

 

オキサリプラチン抜き。

FOLFOXのOXの部分を抜いた治療になる。

セカンドラインはFOLFIRIにする予定だったが、今のところ腫瘍は大きくなっていない、という判断でしたから、しばらくOX抜きのFOLF?を行う事になった。

 

この判断は間違っていたのだろうか。。

頑張ってFOLFOXを続けていれば。
早目にFOLFIRIに切り替えていれば。

FOLFIRIに切り替えたのはここから6週間後。

この6週間で妻の身体の中の悪魔は。
どんどん成長してしまった。

 

スポンサーリンク

 

もう後悔しても仕方ないけど。
その時の最善は尽くしたつもりだけど。
最適な選択をしてきたかと、
結果論を問われると難しい。

 

そして謎の胸の痛み。
主治医いわく貧血の影響だろうと。

確かにヘモグロビンの値も低くなっており、今回の治療の時に合わせて輸血も行う事になった。

しかし。
輸血してヘモグロビンの値は正常値まで回復したけど、胸の痛みは変わらなかった。

 

腫瘍の傷み。
癌性疼痛に間違いなかった。

まだ耐えられるくらいで。
ロキソニンやナイキサンで凌いでいたけど。

いずれこの痛みも耐えられなくなり。
オプソやMSコンチンなどのモルヒネしか効かなくなる日が来る。

 

そして腫瘍マーカー。
この日に行った採血で検査をした。

とりあえず現状維持。
オキサリプラチンが頑張ってくれていたのか。
それとも食事療法の効果か。

両方ともやめてしまった。。
これから先どうなるのか。

何かが崩れ落ちる音が聞こえるようだった。

 

◾️腫瘍マーカー記録
2016年11月9日
CEA 3438.4 CA19-9 21000
2016年12月8日
CEA 2698.1 CA19-9 15000
2017年1月4日
CEA 7442.8 CA19-9 33000
2017年2月9日
CEA 1528.1 CA19-9 6928.0
2017年3月9日
CEA 844.0 CA19-9 4168.0
2017年4月12日
CEA 812.4 CA19-9 6810.6
2017年5月9日
CEA 766.4 CA19-9 6918.8

 

前の闘病記:体調不良と人間ドック
次の闘病記:娘4歳の誕生日。切り替えられない心。

1+

-闘病記

Copyright© さっさんのふんばる子育て記 , 2019 All Rights Reserved.