CT検査。転移は増悪。私は杖をつく。 - さっさんのふんばる子育て記

カテゴリーで絞り込む

スポンサーリンク

闘病記

CT検査。転移は増悪。私は杖をつく。

更新日:
投稿日:

0

 

2017年6月17日。

この日は6月13日に行われたCT検査の結果を聞きくため、主治医に会いに病院に行く日。

私と妻は診察室で主治医から、検査結果の説明を聞いていました。

主治医と妻は普通に椅子に座っていましたが、私は杖をついて立って話を聞いていました。

 

それはなぜか。。

 

それは思い出したくもない6月12日。
5日前にギックリ腰をやってしまったからです

 

育児休職を始めてから、今まで30数年間生きてきて1回も悩まされた事がない腰痛に、苦しめられるようになりました。

 

整形外科に言ってベルトを貰ったり、マッサージを受けたり、整体に通ってボキボキやってもらったり、腰痛体操の指導を受けたり、色々とやりましたが治らず。

椎間板ヘルニアにもなってしまっていました。

 

そしてこの頃、鍼灸にチャレンジしていました。

6月12日午前中。
2回目の鍼灸整骨院を受診。

1回目の針で痛みがややひいたのもあって、これは身体に合うかもと。

2回目は10本程の針をしっかりと神経に刺して、電気まで流してもらいました。

これの痛いこと痛いこと。。
大丈夫か?この治療。。

 

治療が終わった帰り道。
明らかに異変を感じていました。

自転車を自転車置き場に乗せる時。
自転車を高く持ち上げるのですが。

そこで腰がメリっ!
腰から砕け落ちました。

 

何とか部屋まで帰れましたが、そこから3日間寝たきり。。

ギックリ腰は何回かやった事があるのですが、今では頑張れば歩けていました。
でも今回は歩く事も出来ず、寝返りも出来ず。

トイレも災害用の携帯トイレがあったので、ベッドで寝ながら用を足していました💦

どっちが病人なんだか。。

 

そんな災難に遭ってしまい。
CT検査には付き添えず。

いつもは検査当日に結果を聞けるのですが。
私の腰の回復を待ってからの検査結果説明となりました。

 

スポンサーリンク

 

前置きが長くなりましたが。。

 

CT検査の結果は。

肝臓の転移癌はSD。現状維持。
肺の転移癌はPD。増悪。

でした。

やはり予想はしていましたが、
状態は悪くなっていました。。

ハイパーサーミアも始めて。
やれる事はやっている。
奇跡は起きないだろうか。

淡い期待もしていたけど。
脆くも崩れ去りました。

 

前回話した方針通り、次回からFOLFIRIに変更。
これは確定しました。

脱毛は気になりますが。
逃げたら先は無い。
覚悟を決めるしかありませんでした。

 

あとこのような結果になる事を予想していたので、色々な手立てを考えていて。

その内容も含め、色々な相談事を主治医にぶつけました。

・高濃度ビタミンC療法
・食事療法の再開
・ハイパーサーミアを増やす
・手の痺れ対策
・胸の痛みの正体

これらについてミッチリと会話しました。

 

私のギックリ腰の話で長くなってしまったので、主治医との相談の内容はまた今度にします。

0

-闘病記

Copyright© さっさんのふんばる子育て記 , 2018 All Rights Reserved.